FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋に生きる公設市場・栄市場 2

前回の続きです。

201701141039394c0.jpeg

生活感のある売場が、なんだかワクワクさせてくれますね!

左側の「フレッシュフルーツ」の看板がかわいくて素敵です。

通路の天井には、同心四角形の空調があります。昭和なビルやスーパーに多く見られるものは同心円状なのですが、ここは変わったタイプを使っているんですね。

名古屋の他の公設市場では平行にある2本の通路を、食料品売場、衣料品売場と使い分けていますが、ここはその2つが混ざっているようです。

20170114103940352.jpeg

ご当地感溢れる飛騨牛ののぼりもあります。

201701141039428b9.jpeg

2本の通路の突き当たりを繋ぐ、1番奥の部分。
スイッチや扇風機、至る所にあるコードなど、ごちゃごちゃしていて落ち着きますね。
たくさんの商品があり、ここには写っていませんがお客さんもたくさんいました。

2017011410394383d.jpeg

通路の両脇にずらりと野菜や魚が並んでいます。圧巻ですね〜!

20170114103945f90.jpeg

居抜き店舗で「栄市場のとうふやさん」がありました。
以前は鮮魚店だった感じがします。

奥には「エスキモー」「森永アイスクリーム」と書かれた昭和なケースも見えます。

201701141039471d7.jpeg

栄市場は規模が大きいため、通路の中間地点にも2本の通路を繋ぐ部分があります。

右手前の店舗の、少しだけ見えるタイルの壁に惹かれてしまうのはなぜなんでしょうか…?

20170114103948d1a.jpeg

出入口の脇には精肉店があります。
郵便のマークがありますが、ここではがきが買えるようです(笑)生活密着ですね!

201701212111038dd.jpeg

再び雁道賑町商店街へ。
少し古びた文字や、その上の歴史のありそうなロゴが素敵です。



以上!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

コメントありがとうございます

かつての栄市場は凄かったんですね!
ネットだけでは最盛期の情報はなかなか知ることができません、貴重なコメントありがとうございます。
組合運営なんですね!区分所有とは…これからが大変そうですね。タイトルや本文など、時間のあるときに修正していきます。

栄市場について

懐かしいですねぇ

この市場の全盛期は本当にものすごい人でごった返していました。
市場の前には駐車自転車の数が半端なく、車が通れないほど。
タイル壁の八百屋さんを紹介されていますが、この八百屋も当時は凄まじい人でした。
あの狭い八百屋さんの店内に何人の主婦が居たのでしょうか?
現在の火曜日夕方の「タチヤ」以上の混雑がありました。
蕎麦屋さんの店舗裏には食事スペースがありましたね。
うどんやそばなどが安く食べられました。

豆腐屋さんの横のドアを出るとすぐ酒屋さんがあり、店先でコップ酒が飲めました。ワンカップではなく、一升瓶からコップになみなみ注いでくれるものです。
パン屋さんもその並びにあったような。たしか「ロンドン」って名前だったと記憶しています。

あと、栄市場は公設市場ではなく組合運営だと思います。
魚屋、肉屋、八百屋等、個々に区分所有者だったはずです。

コメントありがとうございます

返信が遅くなり申し訳ないです。

はじめまして!よろしくお願いいたします。

ニュースでも特集で取り上げられていましたね。
近年、このような市場は急速に姿を消してしまいました。
私も、関係者の方々が残してくださった市場を訪問し、そして紹介することができたのをありがたく感じています。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。