バブルのファッションビル・岐阜メルサ

今回は柳ヶ瀬商店街の東南角にある「旧・岐阜メルサ」を紹介します!

岐阜メルサは柳ヶ瀬商店街に平成2(1990)年11月に開業。
平成21(2009)年に閉店した後は、ドン・キホーテやオンセンドなどが入居するビルになっています。

20161229230812449.jpeg

ドン・キホーテやオンセンドなどが入る、旧・岐阜メルサのファッション館。8階建です。
上層階に窓が並ぶ、典型的な都市型商業施設の見た目をしています。

上層階の筒状の部分や、低層階の3層にわたる吹き抜けがバブルの面影を残しています。

20161229230852322.jpeg

ダイソーなども入居し、比較的建物は活用されているものの、端のあたりでは放置された空間が多く見られました。

天井の凹凸がバブルらしく凝っていますが、この殺風景な姿からは、バブルの賑やかさは感じられませんね。

20161229230855ab8.jpeg

5階のダイソーから6階に向かうエスカレーター。
暗い中で、非常口誘導灯の光が怪しくシャッターを照らしています。
天井の洋風の凹凸がバブルらしくも安っぽくもあります。

窓が並ぶ7、8階にはエレベーターでしか行けないようです。

20161229230854870.jpeg

こちらは4階の平面図。
細かく分けられたテナントが碁盤の目に似た通路配置で仕切られているのは、ファッションビルや百貨店の典型的なスタイルですね。
どこも白いテープが貼られていて、なんだか寂しくなります。
4階はオンセンドになっていますが、避難経路図の更新は無いようです。

20161229230813667.jpeg

柳ヶ瀬商店街の東南角に位置するファッション館、そしてその南側にあるのがグルメ館です。
こちらは全体に窓が並ぶ筒状のビルで7階建。

20161229230813a77.jpeg

ちらほらとテナントも入っているようです。

その看板とコンビニの看板の間のタイルの部分、黒い跡がついていますが、薄めで見ると「メルサ グルメ館」と書かれていたことが分かります。

201612292308157bc.jpeg

交差点の北西角のファッション館、南西角のグルメ館と並んで、北東角には岐阜信用金庫のビルがあります。
渋い色遣いや連続する窓など、昭和のオフィスビルの良い雰囲気が漂っています。

20161229230809c2e.jpeg

最後に通った、アクアージュ柳ヶ瀬の東端。
センサの北側から続いていて、このようにビルの中を通る格好になっています。本当は2つのビルを繋いで1つのビルに見せているだけですが…(笑)

ただ、お金のかかっていそうな整備もむなしく、人気のない通りになっています。



以上!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。