FC2ブログ

岐阜市・戦後復興の問屋街 7

前回の続きです。

20170104232556747.jpeg

西エリアの問屋町1丁目、一条通りのビルの隙間。
コンクリート打ちっ放しの壁が怪しい感じです。

まるで使われている感じはしませんが、「一条通有料自転車置場」と書かれています。
奥には小さな吹抜けが見えます。

20170104232558175.jpeg

吹抜けの下に来ました。

まわりを落下防止の緑のネットで囲まれていて、青みがかった空間になっています。

壁の汚れや落書き、薄暗い中に並ぶ配管や配電盤、シャッターなど、強烈な景色になっていますね!
まさに問屋街の裏側といった感じですね。

奥は問屋町2丁目の通りに繋がっています。

20170104232601c50.jpeg

一条通りの街並み。
シンプルでどこか和風なデザインがかっこいいですね。ひと続きの建物になっているため、迫力のある景色になっています。

2017010423260285d.jpeg

また隙間を見つけました。
ここは木製の引き戸があったりと、先ほどとは少し違う表情を見せています。

引き戸のまわりを囲うように鉄骨の枠がありますが、引き戸の左側の鉄骨に電柱のプレートが付いていますね。
ここが電柱の代わりに使われているのでしょうか?

20170104232551adc.jpeg

西エリアの問屋町2丁目。
独特なアーチがいくつも並ぶ特徴的な通りですね。
一条通りとは違い、3階までを覆うアーケードがあります。
2階、3階の窓が連続している、まさしく昭和のビルという感じのデザインです。

20170104232600b16.jpeg

一条通りとは違い、色味に変化のない街並みであることや、窓が連続しているシンプルなデザインであることからなのか、なんだか水中のような圧迫感を感じます。
唯一営業していた本屋さんで聞いてみたところ、問屋街なので日・祝はほぼ全店休みなのだそうです。



以上!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。