FC2ブログ

岐阜市・戦後復興の問屋街 2

前回の続きです。

20170104232312775.jpeg

いくつにも枝分かれしてアーケードは続いています。

鮮やかなテント屋根が素敵なこのお店は、壁がコンクリートブロックになっているのが分かります。
左隣の店舗と2階の庇が繋がっていますが、そちらはサッシが木製ですね。

20170104232314848.jpeg

1つ目の角の左を見るとこんな感じ。奥にアーケードの出入口が見えます。
出入口を両脇の建物が覆っていて、上に窓がありますね。
それぞれの店舗の様々な看板が並んでいて面白いです。

201701042323156f4.jpeg

角は曲がらずにまっすぐ進みます。
中問屋町はこの南北軸の通りと、左(西)へ分かれる3本の通りで形成されています。
アーケードの屋根の端にバケツが置いてあったりと、生活感がありますね。

シャッターの上端や庇の位置が揃っているので調べてみたところ、中問屋町はコンクリート造3階建の長屋状の建物で構成いされているようです。
しかし、4、5階が増築されていたり、タイル貼りなどになっていたりすることが多いので、原型はあまり留めていないようです。

20170104232316e4b.jpeg

2つ目の角を曲がるとこんな感じ。
こちらも出入口の上に建物がかぶさっています。
アーケードの中なのにテント屋根があるのは、ただの装飾でしょうか。

20170104232318ae8.jpeg

3つ目の角を曲がるとこんな感じ。今までとはアーケードの様子が違いますね。
アーケードの中央に照明が並んでいますが、赤いカバーで囲まれていてかわいいですね!
というのも、建物は中問屋町の一部なのですが、商店街としては「問屋町東3丁目」なのです。

20170104232320dfb.jpeg

南北軸の通りをまっすぐ進むと「問屋町東2丁目」に着きます。

3階まで覆っていたアーケードが2階までに変わり、地面のタイルもドーナツ模様になり、印象が違いますね。
大きな「FASHION CITY 東2丁目」の看板のインパクトがすごいです!
また、看板のすぐ後ろにある花型の照明も昭和らしさがあります。

20170104232321407.jpeg

問屋町東2丁目は、中問屋町から続く南北軸の通りと、左(西)へ分かれる通り、南北軸の突き当たりから東西に分かれる通りで形成されています。

こちらは西へ分かれる通り。
左側は奥の出入口まで1つの長屋になっています。
それぞれの統一された看板には「2」と丁目が書かれていて、大きな問屋街であることが窺えます。



以上!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。