岐阜の繁華街遺産・柳ヶ瀬商店街 11

前回の続きです。

201612292244247b0.jpeg

柳ヶ瀬のメインストリートである劇場通り。
岐阜高島屋もあり、賑やかな通りです。

昭和な街並みが残っているのも好きですが、やっぱり賑やかな街が一番です!

20161229224424ffc.jpeg

以前から何度から登場している、高島屋南エリア。

豆タイルで大きく描かれた看板が素敵です!もはや芸術の域ですね。

このあたりは再開発される予定なので、鑑賞される方はお早めに。

2016122922442686c.jpeg

アーケードの交わる部分を見上げると、豪華な照明が付いていました。
こういうところにお金をかけるのが、昭和の面白いところ。

20161229224427e4b.jpeg

柳ヶ瀬商店街は弥生町のようにはっきりと歓楽街化しているところもありますが、全体的にちらほらと飲食店ビルがあり、商店街と歓楽街が混在しています。

すっかりもぬけの殻ですが、「たんぽぽ」「汽車ぽっぽ」「エロス」「ドン」と、強烈な名前は残ったままのOK横丁。
配管や換気口が表側にあって、ごちゃごちゃした感じが素敵ですね。

201612292244309af.jpeg

柳ヶ瀬商店街の南北軸、一番東側を通るヤナガセ銀天街。
左奥の青い帯は長崎屋岐阜店で、ロイヤル劇場センサなどもこの通り沿いにあります。

アーケードは3つの照明がセットになったものが中央にあり、両脇にはオレンジ色の照明がポツポツと並ぶスタイルです。

右のドン・キホーテは岐阜メルサの建物を再利用しています。後々紹介予定。

2016122922443032e.jpeg

よく見ると三軒長屋の建物。
1.5階建というか、天窓が付いています。瀬戸市の宮前地下街と同じですね。

右端の店舗跡が当時の面影をよく残していそうなので詳しく見ていきます。
天窓の中央から飛び出た「テルヒヤ」の看板の絶妙な厚みやフォントが素敵ですね!
そしてその上には人の足を象ったインパクトのある物体が載せられています。
靴屋さんでしょうか。



以上!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。