岐阜市・昭和なビルの街並み 1

今回からは、岐阜駅から柳ヶ瀬商店街の間にある昭和な街並みを紹介します!

20161217211534091.jpeg

JR岐阜駅のロータリー。
在来線の単独駅としては最も広いといわれるロータリーですが、確かに広いですね。

奥には再開発で建てられたタワーマンションがあります。

2016121721153298b.jpeg

駅前には、広告に浸された古いビルが並んでいます。
奥には「グランパレホテル」という昭和なホテルがありますが、現在は閉業し会議室などとして利用されています。

20161217211535bcd.jpeg

岐阜駅前から北にのびる、柳ヶ瀬商店街の方へ続く商店街。
小さな飲み屋が並んでいます。
その中に商店や学習塾があるごちゃごちゃした感じが、地方都市らしさを出しています。

20161217211535498.jpeg

グランパレホテルの裏側にあるアーケード街。
ワーキングウェアのフォントがたまらないですね!

写真を拡大していただくと分かるのですが、左奥に「1階 グランパレ 地下 ファッション街」という看板があります。
昭和の香るグランパレホテルにファッション街があるという、とても素敵なことが分かったのですが、残念ながら看板の存在に気付かず素通りしてしまいました…。

20161217211536e25.jpeg

角地を活かしたかっこいいビル。
1階にふんだんに使われたガラスブロックが特徴的ですね。

2016121721153839d.jpeg

岐阜駅から北にのびる通りを進むと、名鉄岐阜駅から西にのびるこの通りと交わります。
右奥のロフトが名鉄岐阜駅前です。

双曲線のタイルを組み合わせて花柄になった歩道。
左の服屋のショーウィンドウも素敵です。



以上!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。