FC2ブログ

岐阜の繁華街遺産・柳ヶ瀬商店街 2

前回の続きです。

20161217211551a4d.jpeg

柳ヶ瀬商店街を東西に走る商店街のひとつ、レンガ通りです。
地面はレンガ調のタイルとなっています。

2階の窓の上に痕があるとおり、アーケードは撤去されています。

20161217211554746.jpeg

低層部だけ見ると普通の…いや、荒廃した商店街ですが、上を見ると1つのビルになっているのが分かります。
ギザギザしていて不思議な形状です。

左端の、柵がついたガラス張りの窓が素敵です。

20161217211553245.jpeg

向かい側の棟。

大きな2階の窓が虚しさを増しています。
この棟の上の方は窓が連続しており、1つのビルであることがはっきりと分かります。

古めかしい鉄サッシも特徴的ですね。

20161217211556f38.jpeg

先に紹介した方の棟。
少し奥に進むとこんな入口が出てきました。

「GIFU●YANAGASE●CROSS SENSOR」

ここが昭和58(1983)年開業のファッションビル、センサの廃墟です!
昭和40(1965)年にタマコシ岐阜店として開業後、業態変換でファッションビルとなりました。
最盛期には88店が入居していましたが、閉鎖時には1階のみの営業となっていました。

平成16(2004)年8月に閉鎖された後は、もう10年以上も放置されています。
運営母体のグランドタマコシが倒産し、他の店舗は平和堂東海に経営譲渡されましたが、ここは老朽化で譲渡されませんでした。

ちなみに現在は解体中とのことです。

2016121721155874d.jpeg

次に紹介した、鉄サッシの方のビル。
「GIFU●YANAGASE●CROSS SENSOR -2-」

一見きれいそうなパネルも、かなりひび割れています。
シャッターもボロボロ…。

20161217211559e9b.jpeg

渋いデザインの縦看板もあります。「情景遊間」って(笑)
妙にカッコつけているのが滑稽に見えてしまいますが、時代をしっかりと感じることができますね。



以上!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。