FC2ブログ

ピアゴ安城店・閉店レポート 15

前回の続きです。

20161031001440c42.jpeg

1階食料品売場の北東角にある魚コーナー。

他の部分より1段低くなった天井と、タイルが貼られた床が魚市場のような雰囲気を醸し出しています。

20161031001442e0f.jpeg

食料品売場の北側の壁沿いは惣菜コーナーです。
エレベーター、立体駐車場への入口などが近いので多くの人で賑わっています。

20161031001443eae.jpeg

食料品売場の北西の角にはお好み焼き店があります。

20161031001456611.jpeg

その右隣(南)には、特設の団子や焼き芋の屋台が出るスペースがあります。

天井には温かみのある電球があります。

20161031001453506.jpeg

食料品売場の東側はレジと専門店街があります。

昔は電球が入ってたであろう穴がたくさんありますね。

20161031001458655.jpeg

食料品売場の北西にあるエレベーター。
黒と赤の扉にレースのような模様がついています。

エレベーターの間には時計があります。
これは各階で違う種類のものが使われているのですが、時計にこだわるあたり、携帯が普及する前の時代らしさがありますね。

左側にはトイレがあります。
最近のスーパーでは奥まったところにありますが、昭和なスーパーではこのように手前にあることが多いです。
その代わり間仕切り板が設けられています。

201610310014590cb.jpeg

エレベーターの左側(南)、西側の入口の脇にはサービスカウンターがあります。

天井からぶら下がった対になった蛍光灯が素敵ですね!

2つも時計があったり、タバコが売られたりしているところに昭和らしさを感じます。



以上!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。