FC2ブログ

名古屋に生きる公設市場・エビス大黒市場

今回は、名古屋市瑞穂区にある「エビス大黒市場」を紹介します!
昭和38(1963)年時点の航空写真で

20161018235150ab5.jpeg

かなり年季の入った建物。
壁の塗装は剥げ、テント屋根は破れています。

名古屋の公設市場の定番の、2つ入口があり、奥でコの字型に通路が繋がっています。

20161018235152bfb.jpeg

大規模小売店法プレート。
プレート設置は昭和54(1979)年になっています。

文字の手書きっぽさが良いですね!

201610182351534f5.jpeg

入口をアップで。
入口の両脇、腰窓の下にはガラスブロックが設けられています。オシャレですね。

通路が奥にいくにつれて暗くなっています。
それは何故かというと…。

201610182351553a1.jpeg

市場の裏側。

正面の箱が市場なのですが、実は建物の後ろ半分が切り取られているのです。
手前の駐車場が市場の跡地。以前は市内でも有数の大きさの市場だったようです。

実は撮影の少し前まで建物があったようで、残念です…。

20161018235137ba6.jpeg

近くにある怪しすぎるアーケード。
右側の飲食店だったと思われる店舗や、アーケードを蓋するような鉄板が不安を掻き立てます。

20161018235139146.jpeg

窓の大きな素敵な共同ビル。
壁には豆タイルを採用。

レトロな喫茶店「シューカドー」と「COFFEEリュウ」があります。

20161018235140b31.jpeg

エビス大黒市場の北側の商店街。
分かりにくいですが長屋になっています。

201610182351490ff.jpeg

反対側は屋根が平らな鉄骨造の長屋になっています。
エビス大黒市場と同時期の建物とはいえ、天井の高さも窓の大きさも、間口もバラバラになるものでしょうか…?



以上!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。