コンクリートの立体都市・県営辻町住宅 1

今回からは、名古屋市北区にある県営辻町住宅を紹介します!※辻町住宅は、敷地の南寄りを幹線道路が横切っていて、それを境に南側が賃貸住宅と4棟の分譲住宅、北側が賃貸住宅・商店街・公園・保育園・小学校となっています。住棟は4階建てから10階建てで、5〜7階建ての棟が多くあります。そしてここの最大の特徴は、幹線道路を跨いで22もの棟がデッキで一体化している点です。敷地北端は6棟で一体となっていて、北側のうち1棟と南...

迫力のシンメトリー・公団尾上団地 2

前回の続きです。ツインコリダー型の1号棟。茶系の外側とは違い、手すり部分は緑色、各階のドアは緑、黄、赤…の色違いと、鮮やかなスタイルになっています。北側には7号棟、その奥には公務員宿舎があります。アンティークのような階段室。夕日に照らされた屋上の柵。照明もありますね。くの字型のスキップフロア型住棟の6号棟。柱も壁もパステルカラーで、絶妙な色分けですね。駅に向かう途中にある、市営西上飯田荘。昭和47(1972...

迫力のシンメトリー・公団尾上団地 1

今回からは、名古屋市北区にある「公団尾上団地」を紹介します!尾上団地は団地の街上飯田にあります。高層団地が並ぶ、東京でいうと江東区大島のようなイメージですね。ダイエー上飯田店(現 イオン)と隣接。昭和49(1974)〜昭和51(1976)年に竣工で、片廊下型は14階建て×3、ツインコリダー型は14階建て×2、スキップフロア型は7階建て×1とくの字型の12階建て×1…の計7棟1368戸で構成されています。※尾上団地の北端から。瀕死状...

団地の街を支えるスーパー・ダイエー上飯田店 2

前回の続きです。特徴的な大きなマジックミラーの大窓。中は階段です。隣接する団地が映っています。南側の歩行者専用道路沿いに、バックヤードのようなものを発見。北側の駐車場側に搬入口があるので、あまり使わないものを置いているのかもしれません。先ほどのミラーガラスのところより手前は増築部分で、2階がなく、代わりに屋上駐車場があります。昔の航空写真を見てみたところ、奥の棟の屋上は、90年前後に一部がスポーツの...

団地の街を支えるスーパー・ダイエー上飯田店 1

今回からは、名古屋市にあるダイエー上飯田店を紹介します!1973年(昭和48年)開業で、現在はイオン上飯田店となっています。※右(東側)が広場のある大通り側、下(南側)が団地に続く歩行者専用道路側。敷地の北半分は平面駐車場になっています。すっかりイオンになった上飯田店。それでも、昭和のスーパー独特の垢抜けない感じはしっかり伝わってきますね。ちなみに、左下の駐車場の矢印はダイエー矢印と呼ばれています。大通...

栄の文化の発信地・中日ビル 3

前回の続きです。中日ビルの低層階のショッピングフロア「中日ビルタウン」。ターゲットの年齢層はやや高めのようです。やはり中日ビル、集客力が落ち気味のようで空きスペースも見られます。建替え後はどのようなコンセプトで展開していくのでしょうか。ひと昔前の空間、という感じのエレベーターホール。床に細かい模様をつけるのが流行ってた時代のデザインですが、きっとバブル期あたりにリニューアルしたのでしょうね。もう少...

栄の文化の発信地・中日ビル 2

前回の続きです。中日ビルの1階、吹き抜けの玄関ホールの天井にはモザイク画があります。矢橋六郎の「空の饗宴」で、イタリア製のモザイク用のタイルが使われています。ちなみに「夜空の饗宴」とも呼ばれているそうで、どちらが本当かは不明です…。柱もあるし天井高も低いので、全体像を見るのは難しいですね。それでも至る所から作品の美しさが伝わってきます。2階から見ると、モザイクタイルの小さな凹凸が見えてきます。久屋大...

栄の文化の発信地・中日ビル 1

今回からは、名古屋市中区栄にある中日ビルを紹介します!中日ビルは、昭和41(1966)年4月に開館。地下4階・地上12階で、その上にさらに回転展望レストランだった4階の塔屋があります。ちなみに2019年3月に建て替えのため閉館予定です。外観はこげ茶色のルーバーに覆われた重厚感のあるデザイン。低層階・地階は商業施設、上層階はオフィスと中日劇場となっています。最上部の回転展望レストラン。その名も「ばるーん」は2000年代初...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。